2027年08月13日

200作品見た私の自己紹介と聞いていただきたいこと

「お、何かアニオタが《知的な大人》なんて生意気なブログを書いているぞ、どれ冷やかしてやろう」と、思いながらこのブログに来た方へ。ごめんなさい。私はアニメオタクではありません。

「アニメには興味があるんだが、何を見たら良いのかよくわからない」と思いながらこのブログにたどり着いた方へ。ようこそ!私はあなたをずっと待っていました。


自己紹介をさせてください。まず最初に言わせていただきますと、私はいわゆる「オタク」ではありません。ごめんなさい。アニメについて熱く語ることもなければ、萌文化も全く理解できません。秋葉原へ行くこともなければ、アニメグッズも一切持っており・・・・あ、おりました。フィギュアや模型が割りかし好きで、ワンピースと刃牙のフィギュアをいくつか所有していました。特にお気に入りは範馬勇次郎の・・・・。


ああ、話がそれてしまいました。が、要するに、世間一般がイメージするようなオタクではないということです。なぜこのようなことを主張するのかといいますと、私は「普通の社会人だってアニメを見てもいいじゃないか。」と考えているからです。「アニメ=オタク」「アニメ=子供」というイメージは、ぜひ今この場で消し去って下さい。普通の大人、それこそ知的な大人が見ても楽しめるような作品はたくさんあります。


私は早稲田大学卒業後、財閥系大手の金融企業に就職しました。その後、大手企業をクライアントに多数持つ会社でコンサルタントを務めた後、独立して今は自営業を営んでおります。映画も見ますし、本もたくさん読みます。ここ3年ほどの間だけでも2000冊以上読んでいます。そして、なによりも大学卒業後もずっと年がら年中アニメを見続けています。だからこそ、「アニメなんて子供やオタクの見るもの」と言っているような大人の方にも、おすすめしたい作品がたくさんあります。


ある日、これまで見てきた作品をリストアップしてみました。驚いたことに、思い出せるだけでもゆうに200作品を超えていました。もちろん、初回から最終話までしっかり見たものだけで200作品です。1作品当たり12話で終わるものもあれば、30話を超えるもの、中には100話を超える長編もあります。さらに、何回も繰り返し見ている作品も多数あります。考えてみると、膨大な時間をアニメに費やしてきたことになります。そして、それらの時間は私にとって、とても素晴らしいものでした。もちろん、子供っぽい作品もあれば単なる駄作もあります。しかし、そんなものはすぐに切り捨てますので、この200作品の中には含まれていません。


そして、これらの作品の中から「知的な大人」にもおすすめできるものをピックアップしてみました。200以上ともなりますと、その中には色々なタイプの作品があります。それらの中から、このような方にもお勧めできるものはどれだろうと、頭をきゅうきゅうに絞って厳選してみました。


どれも素晴らしい作品ばかりです。ぜひぜひ、ご覧ください。




haikeisakurasaku at 11:48|PermalinkComments(11)

2017年02月20日

PSYCHO-PASS新編集版〜槙島聖護の哲学的なセリフに痺れっぱなし

haikeisakurasaku at 19:06|PermalinkComments(0)

のだめカンタービレ〜THEオーケストラ&音大

haikeisakurasaku at 19:04|PermalinkComments(0)

コードギアス〜ラストが衝撃的

haikeisakurasaku at 19:03|PermalinkComments(0)